<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

震災と派遣のお仕事。

昨年10月に始まった「ユニバーサルデザイン」を
佐賀県民の皆様に普及するお仕事は3月末で無事終了。
いろんな業務がありましたが、中でも、保育園や老人ホームを訪問し、
紙芝居や寸劇などでユニバーサルデザインを紹介する活動は、
とても楽しく、貴重な体験になりました!
この経験、出会いは一生の財産になりそうです。

きょうから、派遣のお仕事が始まりました。
今お世話になっている会社(工場)は、3月で閉鎖され、
横浜の本社に統合される予定だったそうなのですが、
震災の影響で本社の業務がスムーズにいかなくなり、
閉鎖を延期して佐賀で対応することに。。。
希望退職者を募り、着々と閉鎖の準備が進んでいたところに
今回の緊急事態、方向転換するのは大変だったと思います。
閉鎖どころか、逆に忙しくなった会社の助っ人要員、
ということでの派遣社員の募集でした。

というわけで、こちらでの派遣のお仕事は1か月更新。
お腹の中の赤ちゃんが大きくなるまで、あと2〜3か月
働きたい、と思っていた私にはとってもありがたいお話でした。
短期で雇ってくださるところ、なかなかないんですよね。
そして、震災の影響って本当にいろんなところに、いろんな形で
出てるんだな〜とあらためて実感しました。

三国間貿易という未知の世界、
数字&アルファベットとのにらめっこ。
事務職ながら、白い上下の作業服着て、朝一番にはラジオ体操。
今までに経験したことのない世界です。(笑)
被災地の方々へあたたかいエネルギーを送りながら、
お腹の赤ちゃん&だんな様を想いながら、
深〜い呼吸を意識しながら、
少しでもお役に立てるように、しっかり頑張ります。

余談ですが、赤ちゃんは80%の確率で「女の子」だそう。
日に日にお腹が大きくなってきました〜
妊婦暮らしもあと半年。
日々を大切に生きていきます♪

ps. 春なので〜ばっさり髪を切りました!
[PR]
by plantatree | 2011-03-31 22:30 | 日々の暮らし

4/2 チャリティーフリマ&まちあるき!in 武雄

武雄で頑張っている友人naoちゃんより、下記案内が届きました。
「自分にできることって何だろう?」
ひとりで考えててもなかなか答えが出て来ない。
同じ想いをもつ人と、こういう場を通じて
うまく繋がっていけるといいですよね。
武雄市全体で、2,000人以上を受け入れるという、
「タウンステイ構想」のお話なども聞いてみたいな。
naoちゃん、ありがとう。

* * * * * * * * * * * * * * * *
さて、東北太平洋沖地震災から2週間以上がたちました。
東北地方と距離がある九州ですが、多くの皆さんが心を痛め、被災地を思っていらっしゃいます。
そんな中、距離のある場所からでも、「自分が出来る事って何だろう。。」と、
自問自答を重ねる日々。そんな人達が集まり、想いを共有し、話し合う機会を持ちました。

自分の力は小さいけれど、何かしたい!
その想いは同じです!

出来る事をやろう!想いをアクションに!という想いのもと、
急ではありますが次の週末 2011年4月2日(土) 
『チャリティーフリーマーケット&チャリティーまちあるき』を開催します。

【チャリティーフリマ】
現在、出店者募集中!
出店料500円+売上げの10%以上を被災者救援に充てさせていただきます。
お友達と一緒に、個人でも構いません。
飲食が伴う方は、保健所からの許可証が必要です。

【チャリティーまちあるき】
武雄の事って、知っているようで、知らない。。。そんなことないでしょうか?
武雄を知り、参加する事で、支援の輪を広げましょう。
皆様からいただく参加費より保険料を差し引いた残額の一部を被災者支援へ、
一部をまちあるき(武雄の宝探しプロジェクト)の企画運営へ充てさせていただきます。

11時と15時の二回(趣旨に賛同していただいた地域ガイドが同行します)、
所要時間は1~1.5時間ぐらいです。武雄市役所前中央公園集合。
11時の部は、長崎街道を中心にテクテク、15時開催分は、桜山の頂上で
「武雄バーガー」をガブリつきます(要予約)武雄の新旧の宝物がコラボ。
どちらもおすすめです!ご参加ください!

【みなさまへお願い】
●皆様のご協力、ご参加は大変ありがたいです。
●急な開催となり、広報の時間がほとんどなく、PRのご協力を皆様の
お友達、ご家族、仕事場などでお願いできれば大変助かります!!
(チラシ添付しております)

☆当日や事前ボランティアも募集中です。
興味のある方は、お知らせください。

☆イベント告知記事
http://csotakeo.sagafan.jp/e345918.html

☆被災者支援を考える会in武雄(仮)
http://csotakeo.sagafan.jp/e343305.html
d0082561_20372060.jpg

d0082561_20373270.jpg

[PR]
by plantatree | 2011-03-27 20:47 | 日々の暮らし

4/2 田中優さん講演会 in 福岡

いま、このタイミングで、ぜひお聞きしてみたいお話です。
福岡のみらい実行委員会メーリングリストでいただいた
講演会のご案内を転載させていただきます。
↓   ↓   ↓                                           
-----------------------------------
 東北大震災緊急講演会      
 ゲスト:田中 優       
 2011年 4月2日(土)   
-----------------------------------

震災とともに、福島原子力発電所では危機的な状況が続いています。
今、知っておくべき大事なこととは何か?
原発震災の正しい解説、内部被ばくの実態、復興、原発に替わる
日本の新しいエネルギー政策提言etc…。
私たちはこれからどんな世界をつくっていけるのか、
未来に向けて今できることを、わかりやすくお話いただきます。

◆日時
2011年4月2日(土)
18:30 入場
19:00 開演
21:30 終了

◆参加費
¥1,000

◆会場
福岡市中央市民センター・ホール
福岡市中央区赤坂2-5-8

Tel.092-714-5521

 地下鉄赤坂駅2番出口より徒歩5分

 明治通り赤坂門バス停より徒歩5分

 国体道路警固町バス停より徒歩3分

◆主催
みらい実行委員会

◆問い合わせ
電 話:092-522-8332(NPO環境未来センター希望)
メール:f-info@npo-kibo.jp

◆ゲスト:田中優(たなか ゆう 1957年)

環境問題、エネルギー問題などあらゆる問題に取り組む文筆家。

主な肩書きとして未来バンク事業組合理事長、非営利組織「ap bank」監事。

その他、日本国際ボランティアセンター理事、揚水発電問題全国ネットワーク共同代表、自然エネルギー推進市民フォーラム理事、足元から地球温暖化を考える市民ネット理事等、肩書き多数。

坂本龍一や桜井和寿ら、環境問題に取り組む音楽家との交流も多い。

福井県立大学非常勤講師、和光大学非常勤講師、大東文化大学非常勤講師。


******************************
[PR]
by plantatree | 2011-03-24 11:00 | 日々の暮らし

冨田貴史さんお話会 in 脇山(福岡市早良区)

福岡市の端っこ、脇山に住む「ぼちぼち菜縁」の
美和ちゃん&江守さんから、素敵なお話会のご案内をいただきました。
今回の大地震で関東から福岡に避難して来た4人の女性と、
エネルギー、お金、暦のお話で活躍されている富田貴史さんのお話会。
みんなで、私達にもできることを考えてみませんか?

私もできるだけ参加したいと思っています。
佐賀方面のかた!どなたか一緒に行きませんか?!

(以下、転載)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いの1 

美保ちゃん(群馬昭和村) 涼子ちゃん(神戸)じょんみちゃん(埼玉)あすかちゃん(東京)

友人たちとメールのやり取りをしていて、今回の東北関東大地震で関東から福岡の那珂川町に避難してきた、女の子4人と、出会いました。彼女たちは、これから「九州おいで」という被災者受け入れサポートチームを作り自分たちができる事からやろうと考えているメンバー。

「九州おいで」

1.震災から逃れて来る人たち(場所によらず)と受け入れ先をつなぎ、スムーズに避難できるようにする。

2.避難してきた人たちと自給自足的コミュニティや技術をつなげ、新しい世界をつくる。

3.九州で受け入れを表明しているところや九州の自給自足的コミュニティとつながり、ネットワークをつくる。

ということが主なテーマです今は民間系で地域によらず受け入れを表明しているところやファームステイなどで一時的にでも滞在できるような団体やコミュニティを探しています。「九州おいで」は、今は受け入れがメインですが、その先の世界をつくっていくこともこれからやっていきたいと思っています。

「九州おいで」 連絡先9syu.oide@gmail.com 090-5543-9149(藤井) 


出会いの2 

冨田貴史さん

数年前から全国をまわり、《原子力 核による放射能汚染 被爆 それらが持ち込まれる事によって起こっている地域の分裂 生態系の破壊》を、直接目にして発信し続けている方ですブログ☆http://radiactive.cocolognifty.com/blog/原子力・旧暦・13の月の暦・時間・お金・エネルギーなどのワークショップ

著書「わたしにつながるいのちのために」


いまもなお 進行している事です 一日一日状況が変わっています

今回の天災と事故のことで、みなさんが今感じていること、思っていること、

偶然出会った彼女たちが感じていること 思っていること

富田さんが見てきたこと 感じていること 思っていること

みんなで、シェアできたらいいなぁと お話し会をする事にしました。

「いま 自分達ができる事」の一歩を 話していく中で考えてみませんか

私自身、知らないことがたくさんあります まずは、知っていくことが大切

一緒に考えていきたいと思います

若い人 お子さんをもっているお母さん そうでない人

色んな人たちと、気持ちをかよわせてゆけたらいいなぁ。

●申し込み連絡先:ぼちぼち菜縁

bochibochisaien@chime.ocn.ne.jp 

jamaica.emori1953@docomo.ne.jp (えもり)

kaya.yaebaa.28tonchin@docomo.ne.jp(カヤノ)

●締め切り3月25日(金)

●日時:3月28日(月)

18時半オープン 19時スタート(三時間で終了予定)

● 場所:ぼちぼち菜縁

● 〒811-1111

福岡市早良区脇山1-24-15(えもり・かやの宅)

七隈線地下鉄野芥下車→早良高校行き 脇山小学校行きバス→

(20分バスに揺られて)谷バス停下車→徒歩2分

車の方は、台数の問題と自宅までは少し歩かないといけないので

申込時に事前にお知らせください

● 会費:600円(子供無料)●定員15名(自宅せまいのですいません)

ぼちぼち菜園    
bochibochisaien@chime.ocn.ne.jp
[PR]
by plantatree | 2011-03-23 18:18 | 日々の暮らし

元気なお野菜!

毎週水曜日に届く「小さな森の家」の阪東ご夫妻の元気なお野菜たち。
畑をやりたい、土のある暮らしがしたい、と言いつつ、
先ではアメリカに引っ越すことも考えている私達は、
なかなか地に足のついた暮らしができず。
でも、身近に、しっかりと大地に根を下ろして
農業で生計を立てていらっしゃる方がいらっしゃって。
おかげさまで、こんなに素晴らしい大地の恵みのお裾分けを
いただくことができて、本当に幸せです。
もちろん無農薬、安全安心なとっても美味しいお野菜たち。
おまかせ野菜セット、なんと、これで500円分。
愛情いっぱい育てられた命をいただけることに心から感謝します。

阪東ご夫妻は、ひよっこ百姓塾という自然農の教室にも
関わられていて、農のこと食のことを学んだり、いろんな方と
出会える場を提供されています。
ほんわかあったか〜いご家族。
わたしも、いろいろ勉強させていただきたいと思ってます☆
d0082561_1894212.jpg

[PR]
by plantatree | 2011-03-23 18:10 | 食-food

指でくるくる。パステルアート。

思い起こせば、大地震が起こる前日の夜でした。
初めてのパステルアートのミニワークショップ(?)を
お友達のおうちで開催させていただきました。
私も含め、大人3名、ちびっこ4名。
パステルをカッターナイフで粉状にして、
15 cm x 15 cmの画用紙に指でくるくると描いていきます。
あえてテーマは設定せず、思い思いに好きなものを、好きな色で!
d0082561_0252654.jpg

じゃじゃ〜ん!
みんな、それぞれに素敵〜!
真ん中の右のみずきちゃんの作品、パウル・クレーを
彷彿とさせるタッチ&色づかいだと思いませんか?!
洋平くんの作品は、そのまま絵本の挿絵になりそうだし、
Hanaちゃんの作品からは元気があふれていて
見てるとすごくハッピーになります♪
お母さんの作品にはそれぞれ桜が描かれていました。
春ですね〜
d0082561_0295752.jpg

d0082561_0301274.jpg

d0082561_0325398.jpg

色を選ぶ、パステルを削る、白い紙に色をのせる、
指を使ってくるくると描く、色を重ねる…
その一つ一つの作業がとっても楽しい!のです。
絵心があるとかないとか、色彩感覚が優れているとかいないとか、
センスがいいとか悪いとか、ま〜ったく関係なし。

なにしろ初めてのことで、なりゆきまかせだったのですが、
楽しかった〜と言っていただけて、ほっとしました(^-^)
これから、自宅で、または出張して、少しずつワークショップを
開いてゆけたらいいな〜と想い描いています。
自宅でする場合は、自然食ミニランチ付きにして、
身も心もほっこり癒されて帰っていただけたらいいな〜
とか、、、妄想ふくらんでいます。(笑)

パステルアートを楽しむ時間を共有させていただくことで、
ひとりでも多くの方の笑顔と出会うことができたら、
このうえない喜びです☆
癒し効果もあるパステルアート。
今こんな時だからこそ、一緒に描いてみませんか?
詳細決まり次第、ご案内させていただきます。
COLOR YOUR DAY!

日本パステルホープアート協会
( JPHAA , Japan Pastel Hope Art Association)
http://www.pastel-nagomi-art.com/i
d0082561_1182151.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-03-23 01:14 | アート-art

満月の戌の日に。安産祈願。

きょうは朝からあいにくの雨。
太陽がサンサンと降り注いでいると「今日はいいお天気ね」と言い、
It is a beautiful day! Lovely day! と言う。
確かに気持ちいいし、気分も晴れ晴れとしてくる。
逆に雨が降っていると「天気が悪い」なぁんて言うけど、
彼もわたしも、けっこう雨の日も好き。
そんな雨の中、安産祈願に行って来ました。
妊娠5か月目に入った頃の戌の日に行われる「帯祝い」
昔から犬のお産は軽くて多産と言われていて、これにあやかりたいという
願いをこめて、妊婦はこの日に腹帯を締める、というもの。
戌の日しかも日曜日で、若い夫婦やその親御さんでいっぱいでした。

ただいま妊娠17週、おかげさまで順調に育ってくれていて、
お腹が丸々してきました。(食べ過ぎもあるのかな…。)
つわりと言えば、空腹時&満腹時に時々吐き気がしたこと、
食事の後にとてつもない睡魔に襲われたこと、
初期の頃に異常に長引いた風邪…くらいかな?!
嘔吐も寝込むこともなく、普通に仕事もできたので、
ありがたかったです。いつも気遣ってくれた職場のみんな〜ありがとう!

最近、母が甲状腺の手術をしたり(切除した腫瘍は幸い良性でした。)、
義理のお母さんが長年連れ添ったパートナー(再婚はしていませんでした。)
が天国へ旅立ったり、未曾有の大地震が起きたり、
私自身いつか病気が発症するかもしれない、という可能性を告げられたり…
「いのち」や「人生」について考えるきっかけをたくさんいただきました。
私の人生の目的は何?なんてことをぼんやり考えたり。
ただひとつ確かなことは、いま私のお腹の中には生命が宿っていて、
とにかく元気に生まれてきてほしい!と心の底から願っていること。
24時間一緒にいてくれることが、どんなに幸せで、
どれほど喜びに満ちているか… とても言葉では言い表せません。
これからわたしにできることは何でもするからね。
真っ暗なお腹の中が、幸せで温かな空間でありますように。

お寺での安産祈願、五感が刺激される神聖でやわらかな時空間でした。
ここを教えてくれた阪東夫妻に感謝。
ありがとうございました!

江里山観音
佐賀県小城市小城町岩蔵4732
一本山 法撰寺
TEL/FAX 0952-72-5757

安産祈願をしていただいた木綿の晒とお札
d0082561_1533216.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-03-20 15:39 | 命-life

放射線に負けない食生活の知恵

東北関東での大地震から8日が経ちました。
毎日テレビに映し出される福島の原子力発電所…
世界中の人が注目している。
アメリカのお母さんからは、「陽子だけでも今すぐアメリカに
引っ越しなさい!飛行機代は出すから!」という電話。
テレビのニュースを見ても、今イチ真相が伝わってこないし、
目に見えないから、経験したことないから、やっぱり怖い。
ましてや住民のかたの不安は計り知れません…
地域への放射能の影響が最小限でとどめられますように。
リスクを背負って現場で作業されている方々に心より敬意をはらいます。

数日前のmixi日記で「放射線に負けない食生活の知恵」に
ついての記事を見つけました。
転載OKということでしたので、ぜひシェアさせてください。
やっぱり和食ってすごい。
味噌汁、梅醤番茶、鉄火味噌、梅干し、ごま塩、海藻…
日頃から、喜んでいただきたいものばかり。
ありがたく、伝統食品の恩恵にあずかりたいものです。

(ここより転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マクロビオティック・ライフ入門 岡部賢二
(2009年の2月号「むすび」誌掲載)

放射線に負けない食生活の知恵

放射線の害が問題化していますが、どのような対策によってその害から身を守ることができるのでしょうか。

放射線の問題点は、それを過剰に浴びると甲状腺ガンや白血病を招いたりすることです。まだ、成長段階にある細胞が放射線を受けると、遺伝子が損傷し、プログラムミスによりガンや奇形といった成長・発育障害が引き起こされます。ですから、大人よりも子供にその害が出やすいということになります。また、放射線により大量の活性酸素が発生することで、血液や細胞、血管の油に過酸化脂質というサビがとりついて、それらの機能の低下を招き、生活習慣病などの老化現象が起こりやすくなることです。

陰性の性質は「冷やす」、「ゆるめる」、「溶かす」働きなどで代表されます。言葉を換えれば、広がって行こうとする拡散性や遠心性と見ることができます。それに対して陽性の性質とは「温める」、「しめる」、「固める」働きに象徴されます。言い換えると縮こまって行こうとする収縮性や求心性ととらえることができます。この陰陽の尺度をつかって放射線を見ていくとその対策を講じることができます。

放射線の性質は、物を透過して遠くに広がろうとする強力な拡散性です。ですから原爆症は、爪や皮膚が溶けてケロイド化し、毛穴が開いて髪の毛が抜けたり、原爆の場合は熱線によって一瞬で体が溶けて揮発してしまうという点です。放射線治療などで被曝した場合は、赤血球や免疫細胞が溶けて貧血の傾向や白血病が起きたり、腸がゆるんで便秘をしたり、体が冷えてだるくなったり、髪の毛が抜けたりといった陰性化した症状が現れます。

この時に、陰性の強い砂糖を含む食べ物や、果物、アルコールなどを摂取すると、非常に危険であるということです。反対に塩は砂糖と比べると陽性で収縮性が強く、きゅうりやナスを塩でもんだり、塩漬けしておくと縮んでいきます。ですからこの塩を上手に使うことで、放射線から身を守ることができるのです。30cmの塩の壁を造ると放射線は透過できないといわれています。人間の場合も同様で、海水を煮詰めて作ったよい塩気をしっかり補給して体内に循環させておけば、放射線の害からかなり身を守ることができます。

また、アミノ酸やクエン酸などの酸には放射線を排泄する力があるといわれています。ですから塩気で放射線をブロックし、酸で排泄すればよいわけです。そこで注目されているのが伝統製法の味噌や梅干し、醤油、漬物といった発酵食品です。それらの食品には塩気とアミノ酸、クエン酸などの酸の両方が含まれるので、放射線対策にぴったりの食品です。実際、味噌のジコピリン酸に放射性物質を排泄する働きが強いことが報告されています。チェルノブイリ原発で事故が発生した当時、ヨーロッパの自然食愛好家の間で味噌を食べようという運動がおこり、日本から大量の味噌が援助物資として送られたそうです。

さらに、海藻のヨードにも放射線の害から身を守る働きがあることが知られており、

原子力発電所でもヨード剤が配備されているそうです。ですから昆布でダシをとり、ワカメやフノリを入れた味噌汁であれば、放射線対策に抜群の威力を発揮できるはずです。昆布の黒焼きもよいでしょう。放射線治療やレントゲン検査を受ける前は味噌汁や梅醤番茶、鉄火味噌、梅干し、ごま塩等を、飲んだり食べたりしておくとその害から身体を守ることができます。

玄米を火で焼きしめて陽性化した黒炒り玄米に少しの塩か梅干しを入れて煮だした黒炒り玄米スープにも、陰性な放射線を吸着する働きがあります。コバルトを照射して芽が出ないように加工された玉ねぎやじゃがいもなどの照射食品に対抗するためには、時々、このようなスープを飲んで身体を浄化しておくとよいでしょう。また梅干しを焼きしめて作った梅干しの黒焼きも常備しておくと、放射能漏れ事故が起きた時などに役に立つと思います。

このような伝統食品を活用して放射線に負けない身体づくりをしていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて長崎原爆投下の際、秋月辰一郎先生の玄米菜食の病院では塩気の強い玄米ごはんと塩気の強いみそ汁の食事で、原爆症が出ない、または軽いといったことになりました。それで、チェルノブイリの際は、その経験からオーサワジャパンのみそが日本にほとんどなくなったのです。

食に関しては、それぞれのこだわりがあると思いますが、響くところがある方は、ぜひ食をととのえてください。

(ここまで転載)
[PR]
by plantatree | 2011-03-19 21:09 | 食-food

Live, Love, Laugh

Live, Love, Laugh everyday.
毎日、生きて、愛して、笑って。

カリフォルニアに住む義理のお兄さんからの
メッセージ。
昨日、日本を襲った大地震を心配して、
彼とわたしの安否を気遣って、
送ってくれたメッセージ。

そういうことだよね。
人生、いつ、何が起きるかわからない。
一日一日、一瞬一瞬を、
精一杯、大切に生きるしかない。

被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平和と笑顔が戻りますように。
[PR]
by plantatree | 2011-03-12 00:16 | 日々の暮らし

映画「うまれる」に感動…

d0082561_18521484.jpg

ひさしぶりに映画を観て、泣きました。
映画「うまれる」は、それぞれ違うかたちで
「いのち」と向き合う4組の夫婦のドキュメンタリー。
- 両親の不仲、虐待を経験し、親になる不安を抱えつつ出産に挑む夫婦。
- 生後1年以内に90%の命が亡くなってしまう、
 不治の障害を持つ子どもを育てる夫婦。
- 出産予定日にお腹の中で赤ちゃんを亡くした夫婦。
- 9年間の不妊治療の末、子どものいない人生を受け入れた夫婦。

夫婦の数だけ、いろんな状況があって、いろんな経験があって、
いろんな思いがあるんだよね。希望、不安、絶望、許し、無償の愛…
映画に登場されたそれぞれのご夫婦の体験は、
つらく悲しいものであったりもするけれど、
いのちという輝きと真摯に向き合われている姿は、
本当にキラキラしていて、笑顔がとっても美しかった。
どんな形であっても、それは神様が与えてくれたギフトなんだよね。
あらためて「いのち」が愛おしくてたまらなくなった。
いまここに与えていただいている「いのち」を全うしよう。
これから生まれてきてくれる「いのち」に精一杯の愛を注ごう。

つい先日、ある決断をしました。
それは、お腹の赤ちゃんの出生前診断(羊水検査など)をするかどうか。
羊水検査は簡単に言うと、お腹の赤ちゃんのまわりにある羊水を採取して、
染色体などの異常の有無を調べる検査。
年齢とともに、胎児が染色体に異常をもつ確率が高くなり、
40歳では、106人に1人の割合でダウン症という個性をもった
子どもが生まれると言われている。
欧米では高齢出産でなくとも、検査をするのが普通らしく、
アメリカ人の彼は、当然検査を受けるものだと思っていたようでした。
担当の先生の話を聞いた上で、二人でじっくり話し合いました。
検査をする?しない?検査のリスクをどう考える?
検査をして陽性だったら、生まない選択ができるのか?
逆に、子どもが大きな障害を持って生まれてきたら、
責任を持って育てることができるのか?
良いのか、悪いのか、いのちの選別ができてしまう世の中…
私達は、二人を選んでくれたいのち、その存在を
ありのまま受け止めよう、と、検査はしないことにしました。

とにかく、今は、日々笑顔でおだやかに過ごそう〜とのんびりモード。
いつもサポートしてくれる彼、職場の仲間、家族、友人達に感謝。
映画「うまれる」いろんな方に見ていただきたいです。
思わず、サウンドトラックのCDを注文してしまいました。
佐賀ではイオンシネマ大和で3月11日(金)まで上映中ですよ〜
[PR]
by plantatree | 2011-03-07 20:05 | 未分類