カテゴリ:大地-soil( 4 )

土のある暮らし。種をまく暮らし。

5泊6日のプチ放浪の旅から戻りました~!
はじめの4泊はお茶の産地として有名な八女の友人宅、
昨夜は福岡市のはずれ早良区脇山の友人宅でお世話になりました。
ペットの猫、田(デン)ちゃんにも癒されたよ~
二人に共通しているのが、
半農半ヘルパー(福祉の仕事)で生計を立てていること。
おうちの中に野草が活けてあったり、いろんな保存食があったり、
日々の暮らしが創造的で喜びに満ちていること。
いやぁ、勉強になりました。刺激をもらいました。
素敵なエネルギーをたっぷり吸収させてもらいました。
自然の暮らしを目指す私の良き先輩!

それぞれのお宅で台所を使わせてもらって、
蒸し煮の味噌汁やら、ウドやたけのこの天ぷらやら、
白玉ぜんざいやら、作りました。
味噌汁は自家製のもろみで。これがまたおいしかった!

目からウロコだったのが、年代ものの圧力鍋。かなり古い。
玄米の加熱時間をたずねると、
「ん?適当。湯気の出方と、においで判断する。」とのこと。
沸騰したら弱火にして30分加熱、蒸らし15分、と、
丸覚えした方法に頼っていただけに、驚き。
五感を使って料理するとは、まさにこのこと!
なるほど、ごはんが炊き上がると、ぐつぐつ→ちりちりという音に変わり、
炊きたてごはんの甘い香りがただよい、
湯気(蒸気)がかすかに出る感じに。
ひとつ経験値が上がったぞ~(笑)

滞在期間中、共通の友人のお誕生日会があり、
おいしいお酒とごはんでワイワイ盛り上がりました。
はるちゃん、Happy Birthday!!!
矢部村での素敵なプロジェクトPEACE MAN STYLEを見学に行きました。
生まれ育った山村を守りたい、と、福岡暮らしを経て帰郷した男性が
仲間とともにコツコツと進めているプロジェクト。
山、竹林の再生、山岳地帯での自然農法の研究、
植物の栽培、販売、満月の日にOPENする『農cafe SEVENTH SENSE』
など、新しい農的なデザインが展開されていました。
3年間で切り倒した竹は1,000本以上とか!
今後どうなっていくのか楽しみです。

とっても幸せな6日間でした。
土のある暮らし。種をまく暮らし。
おもてなしを楽しむ暮らし。
これからご縁をいただく土地で、そんな暮らしを目指します!

+今回いただいた旬の恵みさん達
セリ、クレソン、みょうがの芽、ふき、ウド、たらの芽、筍、にんにくの芽

+植えた苗
トマト各種、きゅうり、オクラ、ナス各種、里芋、たけのこ芋、
さつま芋(お盆前後に収穫できる品種)

+まいた種
落花生、いんげん(白・黒)
[PR]
by plantatree | 2010-04-29 23:59 | 大地-soil

自然とともに暮らしたい!

「お米を作る、野菜を作る、というのはおこがましい。
お米も野菜も自分たちで育ってくれる。それを少し手助けしてあげるだけ。」
というのは、福岡県田川郡赤村で、
自給的な暮らしを実践されている後藤彰さんの言葉。

念願かなって「赤村スローカフェ・クリキンディ」へ。
自然食のランチをいただき、代表でもある後藤彰さんの
農的な暮らしぶりを見せていただき、お話をお聞きする、という素敵なツアー。
企画してくれたのは、以前仕事でお世話になっていた九州産直クラブのH氏。
H氏のご縁で集まった総勢10名で繰り出しました。

まずはランチ。土日限定のプレートをいただきました。
メニューは、玄米、重ね煮のスープ、人参とブロッコリのテリーヌ、
蓮根&筍ボール、筍のグラタン、根菜のサラダ、よもぎ茶でした。
色合いも綺麗で、優しいお味でおいしかった~!
d0082561_224166.jpg

それから、後藤さんの畑、田んぼ、おうちを案内していただきました。
人里離れた赤村の後山という集落、たくさんの緑に囲まれて
聞こえてくるのは鳥のさえずりと風の音だけ。
菜の花の香り、草の香り、土の香り・・・
五感が喜んでたよ~ あぁ、幸せ~
後藤さんは周囲の住民の方々にうまく溶け込みながら、
彼なりのスタンスで農的な営みをされています。
草を刈らない後藤さんの畑の土はふっかふか!
無理なく、できた物をありがたくいただく、という謙虚な姿勢が
とっても素敵だな~と思いました。
d0082561_22593148.jpg

お風呂はなんと五右衛門風呂!
薪は製材所からのいただき物、水は井戸水だそう。
一度経験してみたいなぁ~
五右衛門風呂の入り口で説明してくれる後藤さん
d0082561_233554.jpg
d0082561_234632.jpg

冷蔵庫もテレビもない生活。
とても満たされていて、ぜいたくな暮らしです、という後藤さんのお話を聞いて、
デジャーデンゆかりさんの「ささやく樹」での日々をまたもや思い出しました。
「あぁ、もう他になにもいらないわ~。」と毎日思っていました。
自然のエネルギーって本当にすごい。
そこにいるだけで元気をもらえるんだもんね。

食べて、排出して、土に還して、その土が育てる食べ物をいただいて。
そんな循環の見える暮らし。人と自然の調和がとれた暮らし。
必要最小限のものに囲まれた暮らし。
月や太陽や自然を肌で感じる心豊かな暮らし。
そんなことをあらためて思い出させてもらいました。
街の中で流されて暮らしていると、感性がぼけてしまうんだろうな。
あやうく忘れかけていた、心と体が喜びで震えるような感覚を
少し取り戻すことができたような気がします。

福岡での街の暮らしをいったんリセットした、今がチャンス。
秋からの暮らし、しっかり想い描いて、彼との妥協点を探して・・・
ゼロからクリエイトしていきます!YES!

素敵な時間をプレゼントしてくださった後藤さん、
今回企画してくれたHさん、ずっと運転してくれたはるちゃん、
はるばる参加してくれた妹に・・・心から感謝です。
[PR]
by plantatree | 2010-04-11 23:25 | 大地-soil

のこのしま DAY

d0082561_1952102.jpg

フェリーを降りて一人でてくてく、てくてく。
ふと空を見上げると、かわいい渡り鳥ファミリー発見!
お行儀良くきれいに整列して… 
次から次に飛び立っていくファミリーにしばし見とれてました。

そう!きょうは月に一度の能古島での野菜づくりプロジェクト
『NOKOファームショップ』に参加して来ました。
あまりにお天気がよくて、洗濯機を回し始めたもんだから
1時間遅いフェリーでひとり遅れて参加。
到着した頃には立派な人参さんと大根さんがたくさん
収穫されておりました。一粒の種がこんな立派なお野菜に
成長するなんて、やっぱり神秘的です。
大地ってすごい、自然ってすごい。

畑の横ではこんなにおいしそうなお料理が出来上がってたよ〜!
人参のフルコース。お箸は大根の茎。
こどもさんの感性って、素晴らしい!
主催者の池田さんとこのかわいい姉妹作。
d0082561_1959269.jpg

ぽかぽか春の陽気で最高でした!
お昼ごはんの後、あまりに気持ちよくて、
思わずみんなでごろん、ごろん。ぼーっと空をながめました。
d0082561_2054595.jpg

きょうは思わぬ出会いも!
食育推進ネットワークで活動されているお料理の先生Kさん。
正食協会のクッキングスクール上級まで福岡で受講されたそうです。
繋いでいただいた池田さんに心から感謝です。

月1回ほどのペースでゆるりと参加させていただいた
ファームショップ、一応今回で卒業させてもらいました。
みんなと一緒に畑で、田んぼで過ごす時間、本当に幸せでした。
おかげさまで、土のある暮らしに一歩近づけたような気がします。
秋に九州に帰ってきたら、また遊びに行きます!
池田さん、出会ってくれた皆さん、ありがとうございました!!
のこのしま、最高!!
d0082561_20212178.jpg

遠くに見えるのが能古島。帰り道、自転車をとめてちょっと休憩中。
いただいた新米は今夜、さっそくいただきま〜す。
[PR]
by plantatree | 2010-01-18 20:25 | 大地-soil

棚田の学校

d0082561_21113679.jpg

d0082561_21115268.jpg

佐賀県有田町で開催されている「棚田の学校」に参加して来ました!
有田町棚田保全協議会の主催で、自然農法の米づくり(初級)をテーマに
毎月開催されています。地域に残された棚田を守り、生かし、次の世代へと
繋いでいく…素晴らしい取り組みですよね。
中心となって頑張っていらっしゃる Kさんは、5月に開催したゆかりさんの
講演会&イベントに参加してくださった、ありがたいお方なのでした。
福岡県朝倉郡出身の彼が有田町の棚田で活動するきっかけとなった
学生と一緒に米作りをするプロジェクトは、今年で4年目になるそうです。

「棚田の景色見るだけで、癒さるっちゃんね〜。」
という妹の話を聞いて、ずっと参加してみたかった「棚田の学校」。
一面の緑、棚田の持つゆるやかな曲線、遠くにそびえる山々の風景。
そこにいるだけでほんとに癒されます。

その日の作業は、田んぼの草取り。
妹が植えた「日本晴」という品種の列からスタート。
やわらかい田んぼの中にずぼずぼっと入って
「ひえ」「こなぎ」などの草を抜いていきました。
それにしても稲とひえって似てるんですね。
稲のすぐ横に仲良く生えていると、全然区別がつかないほど。
節のところに白い毛のようなものがふわふわっと生えているのが
稲だと教えていただきました。自分の持てる感覚をフル動員。
瞑想状態でした(笑)。

お昼ご飯は、そうめん流し。恥ずかしながら、初めての経験でした〜
冷たい湧き水を流れるそうめん、みんなで食べるとおいしい!
竹を切っただけの器がまた良かった!
棚田米のおにぎり、お塩なしでお米のおいしさを味わいました。
お米の成長が楽しみです。
d0082561_2217543.jpg

[PR]
by plantatree | 2009-07-20 22:27 | 大地-soil