カテゴリ:命-life( 7 )

『無痛安産の書』昭和23年初版発行 (30w4d)

お友達が貸してくれたお産関係の本の中にあったのが
昭和23年に初版が発行された『無痛安産の書』
うちの両親が5歳の時!!60年以上経ってるんだぁ。

命のリレーというのは、人類が誕生して以来、脈々と
続いてきたことだけど、生活習慣というのは全く変わってしまって
妊娠出産を取り巻く環境も大きく変わってるんだよね、
移動は車、家事は電化製品に頼りきって、
昔と比べると心身ともに弱ってるよね〜、
なんてことを考えながら読みました。
(自然なお産で有名な愛知県の吉村医院とリンクしました。)
インターネット、本、雑誌…たくさんの情報があふれていて、
とっても便利な世の中だけど、何か大切なことを忘れているような
気がして、もっともっと自分をクリアに、シンプルにしていきたい、
という想いがあふれてきました。

出産準備をしていて、今の世の中にはいかにたくさんのモノが
あふれているか、ということを感じます。
通販のカタログなどを見ていると、
赤ちゃんのお尻ふきを温めるための道具とか、
使用済みの紙おむつが臭わないように処理できるゴミ箱とか、
1枚ずつ個包装されたウェットティッシュとか…
私達が赤ちゃんの頃には無かったような物ばかり。
ベビーカーでも、抱っこひも(スリング)でも、どれ一つとっても
どうやって選べばいいかわからなくなる程、
たくさんの種類があって…
何が本当に必要なのか、だんだんわからなくなってくる(笑)。
自然のきれいなところで、自然のリズムで、
シンプルに暮らす自分たちを想い描きながら、
赤ちゃんの心地よさを思いながら、準備していこう。

本をお友達に返す前に、メモとして残しておきます。
とにかく、恐れず、安らかに、無理をせず、よく働き、
ほがらかに豊かな心ですごす、ということが大事ですね。


安産五則(『無痛安産の書』より引用)

一 お産は、自分の力でするのではありません。大自然の大きい力で、かならず無事に生ましていただく。きっと安らかに、生ましていただく。すべてを、この偉大な力に、おまかせいたしましょう。

ニ いつだろう、いつだろうと、待ちすぎていらいらしたり、気をもんだりいたしますまい。ちょうどよい時、よい所で生まれます。

三 産気づいても、すべて自然にまかせておりましょう。自分で生もうと、りきんでみたりあわてたり致しますまい。

四 女のほまれ、妻のほこりと、ちょうどスタートラインに立ったような、ひきしまった心で、なにも考えず、なにも思いますまい。

五 もし万一、心が決まらぬ時は、日ごろ信ずる神仏の御名をとなえ(心の中で)、またわが母の名を一心に念じましょう。そこに偉大な力が現れて、いとも安らかに生まれてまいります。

※ただいま、30週と4日。急に足の付け根というか、変なところに痛みが…
 赤ちゃんが下に降りて来てるかららしいです。
 からだが重くなってきました。。テキパキと動けません ^-^;

d0082561_19132183.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-06-20 19:18 | 命-life

妊娠7か月。

早いもので、妊娠7か月後半。
予定日まで3か月を切りました!
ここ数日で、かなりお腹が出っ張ってきました。
赤ちゃんは順調に大きくなってます。
今まではポコポコって感じだった胎動が、最近はぼこぼこっ
と、ちょっと力強さが加わったような…。
とっても愛おしい存在です。

月曜日の定期検診で、標準より大きめ、と診断されました。
アメリカ人のだんなさんの遺伝子強し!(笑)
自然分娩目指して、もっと運動しなければ…
車で家と会社を往復する毎日で、
運動らしき運動をしていないのです。とほほ。

いろんな欲望がそぎ落とされたような気はするものの、
これから、気になるイベントやワークショップが目白押し。
いつ頃までアクティブに動き回れるのやら…?!
来月の半ばから約2週間、だんなさんは里帰り。
それまでには仕事を辞める予定なので、
お近くの方はぜひ遊んでくださいね〜★


 
[PR]
by plantatree | 2011-05-27 22:54 | 命-life

『横森式おしゃれマタニティ』横森理香

お友達から借りている自然出産系の本を読む合間に読んで
はまってしまった、横森理香さんの本。
図書館で見つけた
「横森式おしゃれマタニティ 産後編」
「横森式おしゃれマタニティ 育児編」
を読んではまり、その前に出版された「横森式おしゃれマタニティ」は
図書館に無かったのでリクエストしておきました。
伊万里市立図書館から届いたということで、きのう借りて来ました。

彼女の語り口は、赤裸裸でリズミカルで、とにかく
さらさらっと読めて、楽しい!(尿もれの話なども面白おかしく書いてあるし)
自然療法(アロマ・ホメオパシー・ヒプノセラピーetc..)、
ヨガ、玄米食、英語、ベリーダンスなど、
興味しんしんなキーワードが満載で、彼女自身の経験、体験に基づいて
語られている妊娠生活に親近感が湧くし、なるほど〜と思えてしまうのです。
おすすめの食べ物、これはいい、これは良くない、的なことが
彼女の生活の中のいろんな情報源から書かれていて、興味深し。
ただ、都会暮らしのキャリアウーマンで、海外ブランドや頻繁な外食など
セレブ的な内容が多いのはかなり気になりましたが(苦笑)
体験談として、妊娠中に読んでおいて損は無いかな?という感じです。

出産まで、あと3か月ちょっと。
ななちゃんのために、今できることをやっていこう〜

横森理香
「横森式 おしゃれマタニティ」
「横森式 おしゃれマタニティ 産後篇」
「横森式 おしゃれマタニティ 育児篇」(文春文庫PLUS)

d0082561_13262076.jpg
d0082561_13263254.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-05-15 13:46 | 命-life

マタニティ両親学級。

佐賀市が開設している子育て支援センター「ゆめ・ぽけっと」で
定期的に行われている両親学級「プレパパ&プレママサロン」に
参加して来ました。
妊娠6か月以降の妊婦さんとそのだんなさん、
18組のご夫婦が参加されていました。

まずは、1組ずつ自己紹介。みんなの前で話すのは、だんなさん。
出産予定日、出産予定の病院、赤ちゃんの性別、子育てについての
意気込み?! などをみんなでシェア。

それから、DVD鑑賞。
内容は、出産前、出産後のお父さんの役割に重点がおかれていました。
お腹に語りかけるお父さんの映像、そして、赤ちゃんはその声を
覚えていて、生まれた直後でもすぐにお父さんを認識するということ。
お母さんはお世話をしてくれる人、お父さんは遊んでくれる人、
と赤ちゃんは認識するらしく?帰宅したお父さんを見て、
嬉しそうに笑う赤ちゃんの映像が映し出されました。
(育児において「お父さん」の存在がいかに重要かを
 切々と訴えかけるような内容でした。笑)

そしてグループごとに、赤ちゃんの沐浴&お着替えの指導、
だっこの練習、だんなさんの妊婦体験。
赤ちゃんは人形でしたが、頭はずっしりと重く、
お肌はぷにゅぷにゅで、大きさ、重さともに、
まるで本物の赤ちゃん!だんなさん、かなり真剣です。
d0082561_20425776.jpg

d0082561_20431153.jpg

だんなさん達が妊婦体験をしている時の司会のかたの言葉。
「どうですか?仰向けに寝ると重くてきついでしょう?
奥さんが横になってテレビを見てるのは、怠けているわけでは
ないんですよ〜。わかってあげてくださいね〜。」
「手をあげてみてください。きついでしょう?これは、奥さんが
洗濯物を干す時の姿勢ですよ。大変なんですよ〜。」

そんなわけで、きっとだんな様達は、より積極的に
家事や育児に参加してくれることでしょう★ Great!!  
我が家は、既にほとんどの家事をだんなさんがやってくれています。
いつも、ありがとう。
赤ちゃんに会える日が待ち遠しいな。

下の写真は、赤ちゃんに向けてかいたカード。
緑の雲、黄色の太陽、紫の月、青い土星は、だんな様のセンス!
お腹の赤ちゃんは女の子「ななちゃん」です。
d0082561_21462252.jpg
d0082561_2147016.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-04-25 21:55 | 命-life

4/24(日) みんなで祈りを…

先週土曜日、福岡の美和ちゃん&江守さんちでシェアして
もらった内山節さんの呼びかけ文。
神戸から移住して来た涼子ちゃんが読んでくれて、
心にひびいたので、ここに掲載させていただきます。

日曜日私たちは、10~12時まで両親学級に参加します。
できるだけ正午に近い時間に黙祷を捧げ、
大震災の犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
夜は、久しぶりにキャンドルの灯りで過ごそうかな。

これを読んでくださった皆様も、
心の片隅にとめていただけると幸いです。

* * * * * *
東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう
—亡くなられた方々の冥福を祈る日を
みんなでつくりだすことを呼びかけますー

最初の呼びかけ人・内山 節


日時  2011年(平成23年)4月24日(日曜日)

この日にそれぞれの場所、それぞれの方法で
亡くなられた方々への冥福を祈りましょう。
また12時正午にはみんなで祈りを捧げたいと思います。

方法  
ご自身の信仰をおもちの方はその方法で、
また他の方々はそれぞれが思いついた方法で。
被災地の方角を向いて手を合わせる、
仏壇などをおもちの方はお線香を上げる、
近くのお寺、神社、教会などに集まり祈りを捧げる、
ご自宅に思い思いのデザインの半旗を掲げる、
追悼の集まり、コンサートなどを開く、
・・・・方法は自分がよいと思う方法で、自分のできる方法で。
国葬のような儀式にするのではなく、
全国津々浦々でみんなが送る日にしたいと思います。


東日本大震災は私たちのなかに驚き、恐怖、悲しみとともに、自分自身もまた「支え合う社会の一員でいたい」という強い意志をも生みだしました。皆様もそれぞれの場所、それぞれの方法で、直接、間接的な被災者への支援の活動をおこなわれていることと思います。私たちの役割はこれからも持続的な支援活動を続けながら、被災地の復旧、復興に協力していくともに、この直接、間接的な活動をとおして社会とは何か、社会はどうあるべきか、暮らしや労働をどう変えていったらよいのかなどを捉え直し、日本の社会を再生させていくことだろうと思います。

その意志を示し、未来への歩みをすすめるために、みんなで東日本大震災で亡くなった方々を供養する日を設定することを呼びかけます。

古来から日本の社会には、災害や「戦」などの後に亡くなられたすべての方々の冥福を祈り、死者供養をする伝統がありました。「戦」の後には敵味方を区別せず供養しました。またそのときには人間だけではなく、巻き込まれて命を落としたすべての生き物たちの冥福を祈りました。さらに災害の後には、大地が鎮まることをもみんなで祈りました。そうすることによって、悲劇に巻き込まれていった生命への思いを共有し、ひとつの区切りをつけ、次の歩みに向かう入り口をつくりだしてきました。

この度の大災害で亡くなられた方々に対してはすでにご遺族の方々などの手によって、精一杯の供養がおこなわれたことだろうと思います。しかしその一方でご家族が全員亡くなられるなどして、誰にも送ってもらうことができないでいる人たちもおられると思います。そのような方々に対してはもちろんのこと、すでにご遺族の方々なとによって供養された人たちに対しても、みんなで追悼、供養してあげようではありませんか。そうすることによって、これからの私たちの決意をも示したいと思います。

この案内を受けられた方は、ご友人、お知り合いなどに転送し、この呼びかけを伝えてはいただけないでしょうか。またホームページ、さまざまなSNSなどでも呼びかけ合うとともに、供養の方法を提案していただければ幸いです。お寺、神社、教会などにも呼びかけ、私たちはこの災害とともにこれから生きていくことを確認したいと思っています。

亡くなられた方々を十分に追悼することなく、未来を語ることに私はためらいを感じます。ここからはじめませんか。

* * * * * * * * *

内山 節(うちやま たかし) *オフィシャルサイト* (←Click)
1950年生まれ。哲学者。

1970年代に入った頃から、
東京と群馬県の山村・上野村との二重生活をしている。
現在、NPO法人・森づくりフォーラム代表理事など。
[PR]
by plantatree | 2011-04-21 22:11 | 命-life

満月の戌の日に。安産祈願。

きょうは朝からあいにくの雨。
太陽がサンサンと降り注いでいると「今日はいいお天気ね」と言い、
It is a beautiful day! Lovely day! と言う。
確かに気持ちいいし、気分も晴れ晴れとしてくる。
逆に雨が降っていると「天気が悪い」なぁんて言うけど、
彼もわたしも、けっこう雨の日も好き。
そんな雨の中、安産祈願に行って来ました。
妊娠5か月目に入った頃の戌の日に行われる「帯祝い」
昔から犬のお産は軽くて多産と言われていて、これにあやかりたいという
願いをこめて、妊婦はこの日に腹帯を締める、というもの。
戌の日しかも日曜日で、若い夫婦やその親御さんでいっぱいでした。

ただいま妊娠17週、おかげさまで順調に育ってくれていて、
お腹が丸々してきました。(食べ過ぎもあるのかな…。)
つわりと言えば、空腹時&満腹時に時々吐き気がしたこと、
食事の後にとてつもない睡魔に襲われたこと、
初期の頃に異常に長引いた風邪…くらいかな?!
嘔吐も寝込むこともなく、普通に仕事もできたので、
ありがたかったです。いつも気遣ってくれた職場のみんな〜ありがとう!

最近、母が甲状腺の手術をしたり(切除した腫瘍は幸い良性でした。)、
義理のお母さんが長年連れ添ったパートナー(再婚はしていませんでした。)
が天国へ旅立ったり、未曾有の大地震が起きたり、
私自身いつか病気が発症するかもしれない、という可能性を告げられたり…
「いのち」や「人生」について考えるきっかけをたくさんいただきました。
私の人生の目的は何?なんてことをぼんやり考えたり。
ただひとつ確かなことは、いま私のお腹の中には生命が宿っていて、
とにかく元気に生まれてきてほしい!と心の底から願っていること。
24時間一緒にいてくれることが、どんなに幸せで、
どれほど喜びに満ちているか… とても言葉では言い表せません。
これからわたしにできることは何でもするからね。
真っ暗なお腹の中が、幸せで温かな空間でありますように。

お寺での安産祈願、五感が刺激される神聖でやわらかな時空間でした。
ここを教えてくれた阪東夫妻に感謝。
ありがとうございました!

江里山観音
佐賀県小城市小城町岩蔵4732
一本山 法撰寺
TEL/FAX 0952-72-5757

安産祈願をしていただいた木綿の晒とお札
d0082561_1533216.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-03-20 15:39 | 命-life

映画「うまれる」に感動…

d0082561_18521484.jpg

ひさしぶりに映画を観て、泣きました。
映画「うまれる」は、それぞれ違うかたちで
「いのち」と向き合う4組の夫婦のドキュメンタリー。
- 両親の不仲、虐待を経験し、親になる不安を抱えつつ出産に挑む夫婦。
- 生後1年以内に90%の命が亡くなってしまう、
 不治の障害を持つ子どもを育てる夫婦。
- 出産予定日にお腹の中で赤ちゃんを亡くした夫婦。
- 9年間の不妊治療の末、子どものいない人生を受け入れた夫婦。

夫婦の数だけ、いろんな状況があって、いろんな経験があって、
いろんな思いがあるんだよね。希望、不安、絶望、許し、無償の愛…
映画に登場されたそれぞれのご夫婦の体験は、
つらく悲しいものであったりもするけれど、
いのちという輝きと真摯に向き合われている姿は、
本当にキラキラしていて、笑顔がとっても美しかった。
どんな形であっても、それは神様が与えてくれたギフトなんだよね。
あらためて「いのち」が愛おしくてたまらなくなった。
いまここに与えていただいている「いのち」を全うしよう。
これから生まれてきてくれる「いのち」に精一杯の愛を注ごう。

つい先日、ある決断をしました。
それは、お腹の赤ちゃんの出生前診断(羊水検査など)をするかどうか。
羊水検査は簡単に言うと、お腹の赤ちゃんのまわりにある羊水を採取して、
染色体などの異常の有無を調べる検査。
年齢とともに、胎児が染色体に異常をもつ確率が高くなり、
40歳では、106人に1人の割合でダウン症という個性をもった
子どもが生まれると言われている。
欧米では高齢出産でなくとも、検査をするのが普通らしく、
アメリカ人の彼は、当然検査を受けるものだと思っていたようでした。
担当の先生の話を聞いた上で、二人でじっくり話し合いました。
検査をする?しない?検査のリスクをどう考える?
検査をして陽性だったら、生まない選択ができるのか?
逆に、子どもが大きな障害を持って生まれてきたら、
責任を持って育てることができるのか?
良いのか、悪いのか、いのちの選別ができてしまう世の中…
私達は、二人を選んでくれたいのち、その存在を
ありのまま受け止めよう、と、検査はしないことにしました。

とにかく、今は、日々笑顔でおだやかに過ごそう〜とのんびりモード。
いつもサポートしてくれる彼、職場の仲間、家族、友人達に感謝。
映画「うまれる」いろんな方に見ていただきたいです。
思わず、サウンドトラックのCDを注文してしまいました。
佐賀ではイオンシネマ大和で3月11日(金)まで上映中ですよ〜
[PR]
by plantatree | 2011-03-07 20:05 | 命-life