<< 『横森式おしゃれマタニティ』横森理香 ファースト・シューズ! >>

しょうがのスコーン。

工場内の事務所でお仕事させていただいている日々。
働かせてもらえることにしみじみと感謝したり、
わたし何やってるんだろ?と悶々としたり、複雑な心境。
そんな時、ふと見上げた空の美しさに感動したり、
あれやこれやぼーっと妄想したり(笑)。
わたし、何やってる時が幸せなんだろう?
どんな時に幸せ感じるんだろう?
というシンプルな自問自答を繰り返してみたり。

最近つくづく感じるのが、
台所に立っている時の幸せ。
ご縁があってやって来た食材と向かい合い、
食べてくれる人のことを想いながら、感覚のままにお料理して、
それがお腹に運ばれて、心身のエネルギーとなってくれる。
そして美味しい!と感じる時の幸せ。
作ることも、食べることも、お皿を洗うことも、大好き。
一日中キッチンで過ごせるような仕事がしてみたいかも。

と、前置きはこのくらいにして。
きょうは引きこもってうちでのんびり過ごすぞ〜と決めて、
作ったのが「しょうがのスコーン」
焼きたてを一気にふたつも食べてしまった。
しょうががピリリときいていて、程よい甘さで美味です。
d0082561_12165014.jpg

しょうがのスコーン(10個分)

・しょうがの甘煮
  -しょうが…100g(正味)
  -りんごジュース…カップ1
  -てんさい糖…大さじ2
・A
  -全粒薄力粉…200g
  -無漂白薄力粉…150g
  -てんさい糖…大さじ3
  -ベーキングパウダー…大さじ1・1/2
  -塩…小さじ 1/4
・B
  -豆乳…120ml
  -しょうが汁…大さじ1・1/2
・菜種油…90ml
・豆乳(仕上げ用)…適量

1 しょうがの甘煮を作る。しょうがは皮をむいて100g用意し、
  5mmの角切りにする。
2 1のしょうがを鍋に入れ、りんごジュースを注いでてんさい糖を
  加え、ふたをして弱火で15分ほど煮る。ふっくらと煮えたら
  ふたをはずし、火を強めて汁気をとばし、火を止めてそのまま冷ます。
3 ボウルにAの材料をふるい入れ、よく混ぜ合わせる。
4 別のボウルにBの材料を合わせ、混ぜておく。
5 3の粉類に菜種油を注ぎ、フォークでさっくりと混ぜ合わせて、
  だまができたらフォークの背でつぶす。生地がポロポロになってきたら、
  フォークをはずして両手でこすり合わせ、サラサラの粒状にする。
6 5に2のしょうがと4の豆乳液を加え、こねないようにへらで
  さっくりと混ぜ合わせる。
7 6の生地がまとまってきたら、取り出して厚さ2.5cmくらいにのばし、
  直径6cmのセルクルで10個抜く。(私は手でまるめました。)
8 天板にオーブンペーパーを敷いて7を間隔をあけて並べ、
  上面に仕上げ用の豆乳を薄く塗って、180℃のオーブンで15分ほど焼く。

この本のレシピで作りました〜
『月森紀子のナチュラルスイーツ -乳製品、卵、そして砂糖も使わない甘いおやつ』
d0082561_12334523.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-05-15 12:36 | 食-food
<< 『横森式おしゃれマタニティ』横森理香 ファースト・シューズ! >>