<< 指でくるくる。パステルアート。 放射線に負けない食生活の知恵 >>

満月の戌の日に。安産祈願。

きょうは朝からあいにくの雨。
太陽がサンサンと降り注いでいると「今日はいいお天気ね」と言い、
It is a beautiful day! Lovely day! と言う。
確かに気持ちいいし、気分も晴れ晴れとしてくる。
逆に雨が降っていると「天気が悪い」なぁんて言うけど、
彼もわたしも、けっこう雨の日も好き。
そんな雨の中、安産祈願に行って来ました。
妊娠5か月目に入った頃の戌の日に行われる「帯祝い」
昔から犬のお産は軽くて多産と言われていて、これにあやかりたいという
願いをこめて、妊婦はこの日に腹帯を締める、というもの。
戌の日しかも日曜日で、若い夫婦やその親御さんでいっぱいでした。

ただいま妊娠17週、おかげさまで順調に育ってくれていて、
お腹が丸々してきました。(食べ過ぎもあるのかな…。)
つわりと言えば、空腹時&満腹時に時々吐き気がしたこと、
食事の後にとてつもない睡魔に襲われたこと、
初期の頃に異常に長引いた風邪…くらいかな?!
嘔吐も寝込むこともなく、普通に仕事もできたので、
ありがたかったです。いつも気遣ってくれた職場のみんな〜ありがとう!

最近、母が甲状腺の手術をしたり(切除した腫瘍は幸い良性でした。)、
義理のお母さんが長年連れ添ったパートナー(再婚はしていませんでした。)
が天国へ旅立ったり、未曾有の大地震が起きたり、
私自身いつか病気が発症するかもしれない、という可能性を告げられたり…
「いのち」や「人生」について考えるきっかけをたくさんいただきました。
私の人生の目的は何?なんてことをぼんやり考えたり。
ただひとつ確かなことは、いま私のお腹の中には生命が宿っていて、
とにかく元気に生まれてきてほしい!と心の底から願っていること。
24時間一緒にいてくれることが、どんなに幸せで、
どれほど喜びに満ちているか… とても言葉では言い表せません。
これからわたしにできることは何でもするからね。
真っ暗なお腹の中が、幸せで温かな空間でありますように。

お寺での安産祈願、五感が刺激される神聖でやわらかな時空間でした。
ここを教えてくれた阪東夫妻に感謝。
ありがとうございました!

江里山観音
佐賀県小城市小城町岩蔵4732
一本山 法撰寺
TEL/FAX 0952-72-5757

安産祈願をしていただいた木綿の晒とお札
d0082561_1533216.jpg
[PR]
by plantatree | 2011-03-20 15:39 | 命-life
<< 指でくるくる。パステルアート。 放射線に負けない食生活の知恵 >>